雨の向山の庭  〜理事長のブログ〜


記事更新日:2015年07月02日

事務所に着くなり車を飛び降り、かけ足で庭を突っ切り玄関に辿り着く雨の向山の朝。

久し振りに予定より早く事務所に到着。一人あったかいお茶を入れ、私のお気に入りの場所、一階の古民家空間スペースの隅に向かい合わせに並べられた二つの籐で出来たアンテークな椅子と年代物のテーブルの世界を味わう。
s-DSCN1526

向山事務所のオープン祝いとして、若いころお世話になった画家の先生のご遺族より贈られた先生の形見の(私の大切な一つである)この椅子に座り、目を庭に移すと、窓際には私の大切な友人のモザイク作家の亡き関谷明男氏からやはりオープン祝いに贈られた野鳥の水飲み場のオブジェが、雨水を一杯にためた陶器の焼き物の器と共に雨に打たれながら庭の隅にたたずんでおります。
s-DSCN1524

 

 

 

齢を重ねてくると得るより失うものが勝る現実に正面より向かい合い、この世に存在できた奇跡に感謝し、自分の体の中にある無意識の羅針盤を信じ進みながら、日々体を鍛え、毎日を丁寧に生きる単純な生活を大切にしたいと思いながら、故人の想い出に浸る梅雨の朝の一コマでありました。