ご挨拶


古い民家を訪れたことがありますか。

今失われつつある運命の古民家(古材)の静寂な住空間に一歩足を踏み込むとき、農耕民族の平和的な我が日本人に脈々と打ち継がれてきた遺伝子(DNA)が目覚め騒ぎ始めると感じるのは私だけで無いような気が致します。

理屈抜きにして、この日本の古民家(古材)には何故か強い魂(神)が存在しているように思います。
建築を志した一人として、失われつつあるこの貴重な日本の文化としての古民家(古材)を一つでも多く後世に残し継承していくことは、私共愛知県古民家再生協会に与えられた大きな使命として強く受け止めております。


しかし業としてこの古民家に関わろうとすると生産性・利便性・費用対効果、等々を最優先せざるをえない住宅業界の現状とは反比例してしまい、難問が次から次へと出てまいります。

先ず古民家(古材)への想い(愛情)が心の中に自覚として強く先行しないことには一歩前に踏み出すことは出来ない!こんな想いに駆られて、この会を発足いたしました。

当協会は、古民家や古民家に使用保存されていた古材・古道具・古建具・古家具等々が一部の世界で骨董品扱いされ、高額で取引される特権階級的扱いを受けている世界から、広く一般に市民権を得るような仕組みを古民家鑑定士の会員を通じて構築し、その基礎となる古民家鑑定士を育成し、情報の共有化による古民家の価値保存を目的に広く活動をいたしております。


また古民家再生、移築まで考えなくても止むを得ず今の古民家を解体する場合には、柱や梁の古材などを部分的に取り外し、再利用することにより先祖の供養や先の匠達への感謝の気持ちも含め古民家の魂(神)に敬意を払いたいと考えています。

最後に住空間の安全安心の代名詞である耐震計画、耐震補強については、現行の建築基準法に則り、しかも伝統工法の良さを活かす技術・システム・情報の収集に取り組み住空間の安全性を最優先に考えております。

一般社団法人愛知県古民家再生協会
代表理事 戸田 由信